ホラー(洋画)

「ピラニア3D」あらすじとネタバレ 日本公開が危ぶまれた超問題作

アリゾナ州にあるヴィクトリア湖。近くに住んでいたマシュー・ボイドはその湖畔でボートに乗って釣りをしていた。 突如地震が起き、それによって湖底に地割れが発生し、そこから大量のピラニアが出現する。同時に渦巻きが発生し、ボートごとマシューは湖に投げ出される。 マシューかピラニアの大群に襲われ死亡する。
SF(洋画)

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 3部作のあらすじを一気に紹介

マーティはある夜、知り合いの科学者ドクに呼ばれてショッピングモールの駐車場にいく。そこにはドクが独自に改造した車 デロリアンがあり、ドクの愛犬アインシュタインが乗せられていた。 ドクのリモコンでデロリアンが走りだすと、すぐに消え、1分後にまた現れた。しかしアインシュタインにかけた時計は1分遅く時を刻んでいた。訳がわからないマーティに、アインシュタインがタイムスリップしたのだとマーティに教えるドク。
ファンタジー(洋画)

「ダーク・シャドウ」ネタバレ エヴァ・グリーンは黒髪のほうが似合うと思う

バーナバス・コリンズは使用人だったアンジェリークと恋仲になるも、あっさりと彼女を捨てる。もともと魔女の家系だったアンジェリークは復讐のために、バーナバスの両親であるジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズを呪い殺す。
広告
コメディ(洋画)

「ナイトミュージアム2」あらすじとネタバレ

自然史博物館の騒ぎから2年、ラリーは自然史博物館の仕事を辞め「デイリー開発社」を設立し、”暗闇で光るライト”を考案し大成功を収めていた。 久しぶりに寄った博物館では改装工事が行われており、マクフィー館長曰く、今後はホログラムなどを使った近代的な博物館に作り変えるのだという。当然いままであった展示物はお払い箱になり、その一部はスミソニアン博物館に送られることになっていた。
コメディ(洋画)

「ナイトミュージアム」あらすじとネタバレ 

なにをやっても長続きしない男ラリー。彼には妻と男の子がいたが、妻のエリコとは離婚、子供の親権はエリコが持っており、ラリーはたまにしか息子のニックと会えなかった。 ニックに定職についてほしいと言われたニックは、過去に何人も就職してすぐやめてしまうといういわくつき?の仕事を応募する。 その仕事は自然史博物館の夜警の仕事だった。
アクション(洋画)

「バトルクリーク・ブロー」あらすじとネタバレ ジャッキー・チェンのハリウッド初主演作

1930年代のアメリカ・シカゴ。地元マフィアのボス、ドミニチと対立マフィアのボス、モーガンはお互いが選出したファイターをストリートファイトさせる賭博を行っていた。 モーガン側が連れてきた大男ビリー・キッスはドミニチ側の選手をボコボコにして勝利する。前回もキッスは相手選手を試合中に殺してしまうほどの力を持ち、ドミニチは煮え湯を飲まされていた。
アクション(洋画)

「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」ネタバレ ダーク・ユニバース構想立ち消えの原因となった失敗作

古代エジプト、時のファラオであるメネフトラ王の娘、アマネットは王位継承者として将来を約束されていた。 しかし父親と侍女の間で新たに誕生した男児が王位継承することになる。 怒ったアマネットは死の神セトの力を借り、邪悪なものへと変貌する。
ホラー(洋画)

「サスペリア」あらすじとネタバレ 赤の世界は情熱的で残酷だ

ドイツの名門バレエ学校に入るためにアメリカからやって来たスージー・バニオン。 土砂降りの中、ようやくタクシーにのりこむんだスージーは、フライブルグ・バレエ学院に向かう。
スリラー(洋画)

「パージ」あらすじとネタバレ 1年に一度、12時間だけすべての犯罪が許される世界で生きるサバイバルファミリー

2010年代、栄華を誇っていたアメリカ経済は破綻をきたし、その際の選挙で当選した「新しいアメリカ建国の父たち」は犯罪行為の減少のため1年に1晩だけ、19時から翌日7時までのあいだ、殺人を含む全ての犯罪が合法となり、警察、消防、救急医療のサービスが停止されるという法律(パージ)を作る。
ホラー(洋画)

「ゾンビ」(DAWN OF THE DEAD) あらすじとネタバレ 9000円でも見たかった少年時代の思い出

フィラデルフィアにあるテレビ局に勤めているフラニーは混乱と疲労で疲れ切っていた。うたたねしても悪夢で目が覚めてしまう。 世の中では死者が生き返るという現象が3週間前から起こっており、厳戒令が出されていた。
広告
タイトルとURLをコピーしました