サスペンス(邦画)

「クリーピー 偽りの隣人」 あらすじと少しネタバレ

捜査一課の刑事・高倉幸一 ( 西島秀俊)は取調室から脱走したサイコパスの容疑者に怪我を負わされ、それが原因で警察をやめる。 その後、犯罪心理学の教授として大学に赴任する。   彼と妻の康子(竹内結子)は引っ越しをし、そこでぶっきらぼうで嫌味ったらしい隣人、 西野雅之 (香川照之)と出会う。
ミステリー(邦画)

「悪霊島」あらすじとネタバレ  美しくて妖艶で恐ろしい岩下志麻

青木という男は、刑部島から本土にやってくる連絡船の中で死亡していた。青木は死ぬ間際に「あの島には恐ろしい悪霊が取り憑いている・・・鵺の鳴く夜は気をつけろ・・・」と意味不明な言葉を発していた。
SF(洋画)

「炎の少女チャーリー」あらすじとネタバレ

父親の名前はアンディ。彼はある特殊能力を持っており、強く念じると相手に違うものを見せたりすることができた。しかしその力はアンディの精神を疲弊させ、常に頭痛と鼻血などの症状に悩まされていた。 一緒にいる娘の名はチャーリー。彼女は喧嘩している男女を見ていた。男は女を浮気していると決めつけて別れようの一点張りで話を聞こうとしない。それでも泣きながら「あなたを愛している」という女。 チャーリーはその男をじっと見つめる。すると男の靴から炎が出て、男はトイレに駆け込んだ。
スポンサーリンク
SF(洋画)

「未知との遭遇」あらすじとネタバレ 限りなくグレーに近いハッピーエンド。

アメリカでは原因不明の大規模は停電が起きていた。 各地で未確認飛行物体の情報がラジオなどで流れ、発電所に勤めるロイ・ニアリーも停電の復旧作業に向かう途中、不可思議な機械の誤作動だ起こり、そこで飛行物体と遭遇する。
SF(洋画)

「ハエ男の呪い」あらすじとネタバレ ハエ男一族の哀れな終焉

ある精神病院の窓ガラスが破れて、下着姿の女性が飛び出してくる。彼女はその病院の門を開けて敷地外に出ていった。 車でモントリオールに向かっていたマーティン・ドランブルは下着姿の女性を見かけて車を止める。怖がって草むらに隠れた女性に上着を投げる。 「男から逃げてきた」と言うその女性はパトリシアと名乗り、マーティンは自分の車にのせて、モントリオールへ向かう。
SF(洋画)

「蝿男の逆襲」あらすじとネタバレ 

フィリップはアンドレが研究していた物質転送装置のシステムを継承したいと言い出すが、フランソワは反対する。フィリップは秘密にしていたが、エレーヌが生きている時から、今はなき祖父の家を譲り受け、その家の一室で研究を続けていた。 反対されたものの、どうしても諦められないフィリップはフランソワの会社(ドランブル電子工業)にいる友人のアラン・ハインズに協力を仰ぐ。
SF(洋画)

「蝿男の恐怖」あらすじとネタバレ 蝿と同化した男の悲しき決断

ドランブル兄弟が経営する工場の夜警ガストンは、見回り中に何やら機械が動いている音を聞く。 音の方向へ行ってみるとプレス機を操作している女性が逃げていった。そしてそのブレス機は頭と腕を潰された男性の死体があった。
アクション(アジア映画)

「白頭山大噴火」あらすじとネタバレ 

北朝鮮とアメリカ合衆国が朝鮮半島非核化に合意した歴史的なある日、韓国軍の爆弾物処理班に在籍していたチョ・インチャン除隊の日でもあった。 妻のジヨンは妊娠中。定期検診で性別を初めて聞く。 帰りの車内でインチャンはジヨンに電話して、男か女か聞くも教えてくれない。 そんな時、TVで4.25文化会館の地域で大きな揺れが発生し、車の中にいたインチャンの地域も数秒後にその振動が伝わってくる。
サスペンス(洋画)

「暁の7人」あらすじとネタバレ ナチス・ドイツの親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒ暗殺に命をかけた若者たち

1941年、その当時ナチス・ドイツに占領されていたチェコ。 そこの統治責任者として新たに任命されたラインハルト・ハイドリヒ将軍の暗殺を命じられたカレル・チューダ、ヤン・クビシュ、ヨゼフ・ガブチックの3人は、チェコのピルゼン上空からパラシュートで落下するものの、その場所はピルゼンから200キロも離れていた。
コメディ(邦画)

「疾風ロンド」あらすじとネタバレ 広大な雪山で災難続きな男

医科学研究所から新型の炭疽菌が盗まれる。もともとそれを作った職員の葛原克也(戸次重幸)は所長の東郷雅臣(柄本明)によって解雇されていた。 それを不服とした葛原が女性職員の折口真奈美(堀内敬子)を脅して盗んだことを折口本人から聞いた所長は、職員の栗林和幸(阿部寛)に炭疽菌の捜索を命令する。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました