映画

「焼肉ドラゴン」あらすじ 悲しくもちょっとおかしくて壮絶な在日韓国人家族の物語

金龍吉(キム・サンホ)は第二次世界大戦に従軍して左腕を失い、四・三事件で故郷の済州島を追われて来日した高英順(イ・ジョンウン)と再婚する。龍吉には長女・静花(真木ようこ)と次女・梨花(井上真央)、英順は三女となる美花(桜庭ななみ)をそれぞれ連れており、二人は国有地を不法占拠した集落で焼肉店「焼肉ドラゴン」を開業し、やがて長男の時生が生まれた。
映画

「渚にて」あらすじ 世界滅亡まで5ヶ月、最後の希望を信じて向かった先には・・・

世の中は第3次世界大戦が勃発し、北半球は核爆弾によって壊滅していた。南半球にあるオーストラリアの放射能汚染レベルはまだ軽微だった。   オーストラリアでは車を使わず、皆は自転車か徒歩で移動していた。石油がほとんど北半球にあったため、備蓄しているものしか残っていなかった為である。
映画

「ジャッジ!」あらすじ CM業界の裏側をコミカルに描いたコメディ

広告代理店に勤める太田喜一郎(妻夫木聡)は「みんなが幸せになるようなCMをつくる」という夢を持っていたが、才能が開花せず、おちこぼれCMプランナーとして会社で認知されていた。   喜一郎の上司、大滝一郎(豊川悦司)の依頼で狐を使った”きつねうどん”のCMを作るが評判が悪く、その企画のトップだった大滝は自分の名前をはずし、喜一郎に責任を押し付けるゲスな行動に出る。
映画

「少年メリケンサック」あらすじ 宮崎あおいの弾けっぷりが新鮮!

売れっ子脚本家、宮藤官九郎さんが「真夜中の弥次さん喜多さん」(2005年)に続いての映画2作目です。 宮藤官九郎さんおなじみの”勘違い”から始まる物語と、出演者たちのむちゃくちゃな弾けっぷりが印象に残ります。
映画

「ドラキュラとせむし女」あらすじ 3大怪物が揃った病院で起こる怪奇?な物語

「ドラキュラ、狼男、フランケン」と、アニメ「怪物くん」を彷彿とさせるラインナップで、日本の題名も変わっていますが、コメディではなく、れっきとしたホラー(だと思う)です。 ついでにマッドサイエンティストも加わり、こんだけ揃ってわずか1時間ちょっとで終わります。 なので、さらっと?紹介します。
映画

「タイム・マシン 80万年後の世界へ」あらすじ 文明のない世界に持っていくとしたらどんな本?

H・G・ウェルズの古典SF小説『タイム・マシン』を、「月世界征服」、「地球最後の日」、「宇宙戦争」 を製作してきたジョージ・パルが、自ら監督して映画化した作品です。
映画

配信映画で初のアカデミー外国語映画賞に輝いた「ROMA/ローマ」あらすじ

1970年、メキシコの街コロニア・ローマで、医師をしているアントニオの家族の住み込み家政婦として暮らしているクレオ。 アントニオの家族は他に妻のソフィア、祖母のテレサ、4人の子供と愛犬のボラスだった。   クレオは毎日洗濯、掃除、子どもたちの世話などで忙しかったが、それなりに幸せな人生を過ごしていた。  
映画

「イリュージョニスト」あらすじ 最後はちょっとほろ苦い老人と少女の物語

「ぼくの伯父さん」シリーズで名をはせたジャック・タチが娘のために書いた幻の脚本を基に、「ベルヴィル・ランデブー」で独特のセンスを発揮したシルヴァン・ショメが映画化したアニメーション作品です。
映画

「ゴースト・イン・ザ・シェル」あらすじとネタバレ アニメ版と見比べてみた感想

主人公のミラ・キリアン少佐は公安9課を率いるリーダー。 ハンカ社の役員を狙うテロリストの行方を追っていたミラと公安9課。 ハンカ社は人間の義体化を進める政府公認の会社だった。 酒の席で会合中だったその役員の部屋に向かってテロリスト集団が襲撃に入る。
映画

「ヘイトフル・エイト」あらすじ 8人が揃ったとき、想像を絶する展開が幕を開ける

元北軍の少佐で今は賞金稼ぎをしている黒人・マーキス・ウォーレンは、レッドロックの町へ向かっていた。 猛吹雪で立ち往生していたときに通りかかった駅馬車に同乗を求める。御者のO.B.ジャクソンが運転する馬車の中にいたのは「首吊り人」と呼ばれている賞金稼ぎジョン・ルース、そして彼の獲物で1万ドルの賞金首デイジー・ドメルグも乗っていた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました