映画

「ナバロンの要塞」あらすじ アカデミー賞8部門にノミネートされた戦争アクションの傑作!

第二次世界大戦中の1943年、イギリス軍の将兵2,000名がエーゲ海にあるケロス島で孤立する。 目と鼻の先にある中立国トルコを味方に引き入れるために、ケロス島を示威作戦の拠点にしようとしていた。 一週間以内に退去しないとドイツ軍がやってくる状況で、なんとか救い出そうとする連合軍だったが、島への水路の途中にあるナバロン島の巨大な要塞砲が邪魔をしていた。
映画

「コラテラル」あらすじ タクシーに乗り込んだ男は冷酷非情の殺し屋だった!

ある夜、平凡なタクシー運転手が乗せたその客は、夜明けまでに5人の殺しを依頼された殺し屋だった。 2人の関係は、やがて互いの運命とプライドをかけた男と男の戦いに発展する・・・
映画

「ドラゴンvs7人の吸血鬼」あらすじ 「霊幻道士」の原型となった中国版ゾンビはジャンプしない?

1974年、イギリスのハマー・フィルム・プロダクションと香港のショウ・ブラザーズ共同制作の映画です。主演のピーター・カッシングはドラキュラの宿敵、ヘルシング教授して数々の映画に出演している名優です。 古典派ホラーとカンフーアクションを融合させた怪作で、後の『霊幻道士』等香港ホラーの始祖とされています。
スポンサーリンク
映画

「ピンポン」あらすじ チョイ役で出ているフツーの佐藤二朗もなぜか面白い!

天真爛漫な性格のペコは卓球に絶対的な自信があり、今日も行きつけのタムラ卓球場で年上相手に賭けを挑んでいた。そんなペコは片瀬高校の卓球部であるが、真面目ではなく、先輩を軽くバカにするような言動が多かった。   その幼馴染のスマイルは子供の頃はいじめられっ子で、よくペコに助けられていた。彼も卓球部であるが、「暇つぶし」程度でやっているため、これまた真面目ではなかった。
映画

「幕末高校生」あらすじ 男らしいはずの勝海舟、実は・・・

今回紹介知するのは1994年にフジテレビ系列で放送された「ボクたちのドラマシリーズ」の一作だった「幕末高校生」の劇場版です。 修学旅行先の京都・太秦映画村で地震が起き、そこにいた新米教師と3人の高校生が幕末時代にタイムスリップしてしまうというお話です。
映画

「ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎」あらすじ まだ山田康雄さん健在時の数少ないTVスペシャル版

「アーネスト・ミラー・ヘミングウェイは自殺ではなく殺された」という噂は泥棒業界の中では有名であった。 それはヘミングウェイが最後に残した”遺稿”(ヘミングウェイペーパー)が、ある財宝を隠してある場所について書かれていたために、それを狙ったものに殺されたのではないかというものだった。
映画

「オーメン / 最後の闘争」あらすじ オカルトやホラー感を感じない3作目

前回、ダミアンの仕業で爆発を起こしたソーン博物館の解体察業が行われていた。その中からメギドの短剣を見つけた作業員がそれを着服し、古美術商に売りつける。 7つの短剣がそろってオークションにかけられ、落札される。それがメギドの短剣だと知った落札者はそれをある人間に譲り、最終的にイタリアのデ・カーロ神父の手に渡る。
映画

「オーメン2 / ダミアン」あらすじ 成長したダミアンの恐怖と苦悩

ロバート・ソーンに短剣を渡したブーゲンハーゲンはソーン夫妻が死んだことを新聞記事で知る。そこに写っていたダミアンの顔が「先日掘り起こした遺跡の壁画に描かれたアンチ・キリストの顔と瓜二つだ」と親友で考古学者のマイケルに訴えかけるブーゲンハーゲン。 マイケルと再び壁画を見に行くブーゲンハーゲン。その入り口には1羽のカラスが不気味にとまっていた。 遺跡の中に入り、そこにあった壁画の顔は確かにダミアンそっくりだった。
映画

「エディット・ピアフ 愛の賛歌」あらすじ マリオン・コティヤールの圧倒的な表現力は鳥肌もの!

実在のシャンソン歌手”エディット・ピアフ”の生涯を描いた作品。 第57回ベルリン国際映画祭出品作品です。 主演のマリオン・コティヤールは第33回セザール賞主演女優賞と第80回アカデミー賞主演女優賞を受賞しています。
映画

「オーメン」あらすじ 1970年代のオカルトブームを築いた世界的大ヒットホラー

6月6日午前6時、ローマに駐在していたアメリカ人外交官ロバート・ソーンの妻キャサリン・ソーンは男の子を出産する。しかしその子は一瞬だけ呼吸したものの、すぐに亡くなってしまう。 なんと妻に伝えればいいのかわからないロバートは、その病院の責任者のスピレット神父の勧めで、同じ時刻に生まれ、母親が同時刻に亡くなっていた身寄りのない男の子をキャサリンに内緒で自分たちの子供とし、そして非公式ではあるが養子とする。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました