映画

映画

「ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎」あらすじ まだ山田康雄さん健在時の数少ないTVスペシャル版

「アーネスト・ミラー・ヘミングウェイは自殺ではなく殺された」という噂は泥棒業界の中では有名であった。 それはヘミングウェイが最後に残した”遺稿”(ヘミングウェイペーパー)が、ある財宝を隠してある場所について書かれていたために、それを狙ったものに殺されたのではないかというものだった。
映画

「オーメン / 最後の闘争」あらすじ オカルトやホラー感を感じない3作目

前回、ダミアンの仕業で爆発を起こしたソーン博物館の解体察業が行われていた。その中からメギドの短剣を見つけた作業員がそれを着服し、古美術商に売りつける。 7つの短剣がそろってオークションにかけられ、落札される。それがメギドの短剣だと知った落札者はそれをある人間に譲り、最終的にイタリアのデ・カーロ神父の手に渡る。
映画

「オーメン2 / ダミアン」あらすじ 成長したダミアンの恐怖と苦悩

ロバート・ソーンに短剣を渡したブーゲンハーゲンはソーン夫妻が死んだことを新聞記事で知る。そこに写っていたダミアンの顔が「先日掘り起こした遺跡の壁画に描かれたアンチ・キリストの顔と瓜二つだ」と親友で考古学者のマイケルに訴えかけるブーゲンハーゲン。 マイケルと再び壁画を見に行くブーゲンハーゲン。その入り口には1羽のカラスが不気味にとまっていた。 遺跡の中に入り、そこにあった壁画の顔は確かにダミアンそっくりだった。
スポンサーリンク
映画

「エディット・ピアフ 愛の賛歌」あらすじ マリオン・コティヤールの圧倒的な表現力は鳥肌もの!

実在のシャンソン歌手”エディット・ピアフ”の生涯を描いた作品。 第57回ベルリン国際映画祭出品作品です。 主演のマリオン・コティヤールは第33回セザール賞主演女優賞と第80回アカデミー賞主演女優賞を受賞しています。
映画

「オーメン」あらすじ 1970年代のオカルトブームを築いた世界的大ヒットホラー

6月6日午前6時、ローマに駐在していたアメリカ人外交官ロバート・ソーンの妻キャサリン・ソーンは男の子を出産する。しかしその子は一瞬だけ呼吸したものの、すぐに亡くなってしまう。 なんと妻に伝えればいいのかわからないロバートは、その病院の責任者のスピレット神父の勧めで、同じ時刻に生まれ、母親が同時刻に亡くなっていた身寄りのない男の子をキャサリンに内緒で自分たちの子供とし、そして非公式ではあるが養子とする。
映画

「サボタージュ」あらすじ 監督自ら凡作だと言い放った・・・でも良作だと思う一本

ジョゼフ・コンラッドの「密偵」を「サイコ」などを手掛けたアルフレッド・ヒッチコックが映画化した日本劇場未公開作品です。1996年に「シークレット・エージェント」としてリメイクされています。
映画

「恐怖の雪男」あらすじ 一攫千金を夢見て雪男を探す探検隊の悲劇

ヒマラヤ山中の寺院がある村で、植物学者ジョン・ローラソン博士は、現地の植物の研究を行っていた。   彼は一緒に来ていた妻のヘレンと助手のフォックスには黙っていたが、植物研究をしに来たのではなく、じつは雪男の捜索のためにヒマラヤに来ていた。しかしそれは学術研究の為であった。 そしてあとから来るであろうフレンド登山隊を待っていた。 リーダーのフレンドは雪男の歯(高僧によると作り物であるようだ。)や足跡が見つかっていることを主張するも、ヘレンはクマやゴリラだろうと反論する。
映画

韓国映画「リターン」あらすじ あるトラウマで変貌してしまった少年の復讐劇

手術中覚醒とは、麻酔が効いていて身体は全く動かないが、何かのきっかけで脳内の意識が戻ってしまう現象。この作品は、少年期にその手術内覚醒を体験した男が殺人鬼と化し、手術をした医師たちに復讐していくミステリー映画です。
映画

「エスター」あらすじ その生命力はまるで少女版ジェイソン!?・・・

以前になにかしら話題になっていた(ショッキングな内容で)エスターを今回は紹介します。 養子として迎え入れた可愛らしい少女エスター。しかし彼女は恐ろしい過去の持ち主だった・・・
映画

「ヒトラーへの285枚の葉書」ささやかながらも抵抗を続けた老夫婦の運命

実際の起こった事件をもとに、ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録から終戦直後に書き上げた遺作の小説「ベルリンに一人死す」の映画化です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました