ホラー(洋画)

ホラー(洋画)

「オーメン2 / ダミアン」あらすじとネタバレ 成長したダミアンの恐怖と苦悩

ロバート・ソーンに短剣を渡したブーゲンハーゲンはソーン夫妻が死んだことを新聞記事で知る。そこに写っていたダミアンの顔が「先日掘り起こした遺跡の壁画に描かれたアンチ・キリストの顔と瓜二つだ」と親友で考古学者のマイケルに訴えかけるブーゲンハーゲン。 マイケルと再び壁画を見に行くブーゲンハーゲン。その入り口には1羽のカラスが不気味にとまっていた。 遺跡の中に入り、そこにあった壁画の顔は確かにダミアンそっくりだった。
ホラー(洋画)

「オーメン」あらすじとネタバレ 1970年代のオカルトブームを築いた世界的大ヒットホラー

6月6日午前6時、ローマに駐在していたアメリカ人外交官ロバート・ソーンの妻キャサリン・ソーンは男の子を出産する。しかしその子は一瞬だけ呼吸したものの、すぐに亡くなってしまう。 なんと妻に伝えればいいのかわからないロバートは、その病院の責任者のスピレット神父の勧めで、同じ時刻に生まれ、母親が同時刻に亡くなっていた身寄りのない男の子をキャサリンに内緒で自分たちの子供とし、そして非公式ではあるが養子とする。
スリラー(洋画)

「恐怖の雪男」あらすじとネタバレ 一攫千金を夢見て雪男を探す探検隊の悲劇

ヒマラヤ山中の寺院がある村で、植物学者ジョン・ローラソン博士は、現地の植物の研究を行っていた。   彼は一緒に来ていた妻のヘレンと助手のフォックスには黙っていたが、植物研究をしに来たのではなく、じつは雪男の捜索のためにヒマラヤに来ていた。しかしそれは学術研究の為であった。 そしてあとから来るであろうフレンド登山隊を待っていた。 リーダーのフレンドは雪男の歯(高僧によると作り物であるようだ。)や足跡が見つかっていることを主張するも、ヘレンはクマやゴリラだろうと反論する。
ホラー(洋画)

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」あらすじとネタバレ ノンフィクションよりフィクションがいいかも・・・

アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンノゼにある実際の屋敷にまつわる話を映画化した作品です。 銃のビジネスで成功を収めた実業家ウィリアム・ワート・ウィンチェスターの未亡人、サラ・ウィンチェスターが、38年間も部屋を作り続けた理由は何だったのでしょうか?
ホラー(洋画)

「クワイエット・プレイス」あらすじとネタバレ 盲目だが聴覚が異常に優れた怪物の弱点とは・・・

「絶対に音を立ててはいけない」   そんな世界で暮らす一組の家族と未知の怪物との戦いの物語です。 ほとんど会話(音としての)や音楽がない、珍しい作品です。
ホラー(洋画)

「ドラキュラとせむし女」あらすじと配信状況 3大怪物が揃った病院で起こる怪奇?な物語

「ドラキュラ、狼男、フランケン」と、アニメ「怪物くん」を彷彿とさせるラインナップで、日本の題名も変わっていますが、コメディではなく、れっきとしたホラー(だと思う)です。 ついでにマッドサイエンティストも加わり、こんだけ揃ってわずか1時間ちょっとで終わります。 なので、さらっと?紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました