ドラマ(洋画)

スポーツ(洋画)

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」あらすじとネタバレ マーゴット・ロビーとアリソン・ジャネイの歪な親子関係の演技が秀逸

今回は1994年に起きたフィギュアスケート界最大のスキャンダル「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の中心人物トーニャ・ハーディングの半生を描いた作品を紹介します。 主演は「スーサイド・スクワッド」でキュートな演技をみせたマーゴット・ロビー。トーニャの母親役を演じたアリソン・ジャネイはこの作品でアカデミー助演女優賞に輝いています。
SF(洋画)

「アメリカン・ヒーロー」あらすじとネタバレ 自堕落なヒーローの最後の戦い

メルヴィンは酒と女とドラッグに溺れて自堕落な生活をしていた。 離婚した妻との間に息子のレックスがいるが、裁判で親権を取られてしまう。 彼にはイラクで負傷し、その後車椅子生活しているルシールという友達がいつもそばにいた。 メルヴィンは手に触れずに物を動かせる能力を持っていた。その能力を有効活用すれば社会貢献できるのに、彼はその能力を大道芸に使い小銭を稼いだり、暇つぶしに使ったりしていた。
ドラマ(洋画)

「ナチスが最も恐れた男」あらすじ ノルウェーの英雄マックス・マヌスとは・・・

マックス・マヌスはナチス・ドイツ占領下のノルウェーでレジスタンスとして活動した英雄だそうです。 活動そのものは最初はビラを貼ったりでしたが、その後はドイツの船などに爆弾を仕掛けてナチスのノルウェーでの活動を弱めたりしました。
スポンサーリンク
ドラマ(洋画)

「サムソンとデリラ」あらすじと配信情報  げに恐ろしきは女の嫉妬・・・ 

「サムソンとデリラ」は1949年の歴史映画。 「十戎」や「クレオパトラ」のセシル・B・デミル監督 旧約聖書の中にある「士師記」のサムソンとデリラの物語を原作としています。
ドラマ(洋画)

「15時17分、パリ行き」あらすじと配信情報 出演キャストたちのその後について

冒頭、一人の男がリュックサックとトランクを持って列車に乗る。 そしてトイレから10分以上出てこない乗客が不審に思いドアをノックする。 そこには上半身はだかでリュックを胸の前で背負い、銃を持つ男が立っていた・・・
コメディ(洋画)

「選挙の勝ち方教えます」あらすじとネタバレ 凄腕コンサルタントの勝利への執念。

日本未公開でありながら、かなりの良作です。最初はコメディちっくなのに後半は・・・ 過激でクールなサンドラ・ブロックが選挙の汚い勝ち方教えます!
ドラマ(洋画)

「ナバロンの要塞」あらすじとネタバレ アカデミー賞8部門にノミネートされた戦争アクションの傑作!

第二次世界大戦中の1943年、イギリス軍の将兵2,000名がエーゲ海にあるケロス島で孤立する。 目と鼻の先にある中立国トルコを味方に引き入れるために、ケロス島を示威作戦の拠点にしようとしていた。 一週間以内に退去しないとドイツ軍がやってくる状況で、なんとか救い出そうとする連合軍だったが、島への水路の途中にあるナバロン島の巨大な要塞砲が邪魔をしていた。
ドラマ(洋画)

「エディット・ピアフ 愛の賛歌」あらすじとネタバレ マリオン・コティヤールの圧倒的な表現力は鳥肌もの!

実在のシャンソン歌手”エディット・ピアフ”の生涯を描いた作品。 第57回ベルリン国際映画祭出品作品です。 主演のマリオン・コティヤールは第33回セザール賞主演女優賞と第80回アカデミー賞主演女優賞を受賞しています。
ドラマ(洋画)

「ヒトラーへの285枚の葉書」あらすじとネタバレ ささやかながらも抵抗を続けた老夫婦の運命

実際の起こった事件をもとに、ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録から終戦直後に書き上げた遺作の小説「ベルリンに一人死す」の映画化です。
ドラマ(洋画)

「暴走機関車」あらすじとネタバレ 原案は黒澤明・・・でも本人は納得してない!?

巨匠・黒澤明が書いた脚本をもとに「マリアの恋人」のA・コンチャロフスキーが映像化したサスペンス・スリラー。 アラスカの監獄から二人の囚人が脱走。執拗に追う冷酷な所長の追撃の中、彼らは貨物列車に乗り込み逃亡を図るが・・・
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました