ドラマ(洋画)

サスペンス(洋画)

「暁の7人」あらすじとネタバレ ナチス・ドイツの親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒ暗殺に命をかけた若者たち

1941年、その当時ナチス・ドイツに占領されていたチェコ。 そこの統治責任者として新たに任命されたラインハルト・ハイドリヒ将軍の暗殺を命じられたカレル・チューダ、ヤン・クビシュ、ヨゼフ・ガブチックの3人は、チェコのピルゼン上空からパラシュートで落下するものの、その場所はピルゼンから200キロも離れていた。
ドラマ(洋画)

「人間の証明」あらすじ 戦争が生んだ悲しき系統の顛末

ニューヨーク、黒人男性ジョニー・ヘイワードは、銀行で金を下ろし、今まで住んでいたスラム街のアパートを引き払う。 「どこに行くんだい」と管理人に言われたジョニーは「キスミー」という言葉を残して日本に向かう。
ドラマ(洋画)

「悪童日記」あらすじ 自分たちの矜持のために双子は強くなる。

原作はハンガリー出身の亡命女性作家アゴタ・クリストフのデビュー作となる1986年発表の同名小説で、映像化は不可能と長年言われ続けてきた作品です。 第二次世界大戦末期のハンガリーで双子の兄弟は戦時下という状況の中でさらに祖母の下でこき使われる過酷な日々を過ごすうちに強くなっていきますが・・・
スポンサーリンク
ドラマ(洋画)

「大統領の執事の涙」あらすじ ホワイトハウスの執事となったセシル・ゲインズの実話

セシルはメイドだったグロリアという女性と結婚し、2人の息子に恵まれる。 そのホテルでウォーナーというホワイトハウスの事務主任を給仕したのがきっかけで、セシルはホワイトハウスの執事となる。 そこでセシルは「見ざる聞かざるで給仕する」という精神で務めるようになる。
ドラマ(洋画)

「パットン大戦車軍団」あらすじとネタバレ

第二次世界大戦でその勇猛果敢な戦い方で有名だったアメリカ軍のジョージ・パットン将軍を描いた作品です。 アカデミー賞では9部門でノミネートされ、作品賞・監督賞・脚本賞・主演男優賞など7部門を受賞しました。
アクション(洋画)

「バトルクリーク・ブロー」あらすじとネタバレ ジャッキー・チェンのハリウッド初主演作

1930年代のアメリカ・シカゴ。地元マフィアのボス、ドミニチと対立マフィアのボス、モーガンはお互いが選出したファイターをストリートファイトさせる賭博を行っていた。 モーガン側が連れてきた大男ビリー・キッスはドミニチ側の選手をボコボコにして勝利する。前回もキッスは相手選手を試合中に殺してしまうほどの力を持ち、ドミニチは煮え湯を飲まされていた。
ドラマ(洋画)

「ハドソン川の奇跡」あらすじ 奇跡的な生還劇の知られざる真実

チェスリー・サレンバーガー(通称サリー)は数日前、副機長のジェフ・スカイルズ とともに、ニューヨーク発、シャーロット経由のシアトル行きの飛行機を操縦していた。 しかしその飛行機はバードストライク(鳥が人工構造物に衝突する事故)によって全エンジンが停止したため、離陸後わずか5分程度でハドソン川に緊急着陸。しかし1人の犠牲者も出さなかった(重症者5人)ことから「ハドソン川の奇跡」として全世界で報道され、サリー自身も”時の人”になっていた。
スポーツ(洋画)

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」あらすじとネタバレ マーゴット・ロビーとアリソン・ジャネイの歪な親子関係の演技が秀逸

今回は1994年に起きたフィギュアスケート界最大のスキャンダル「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の中心人物トーニャ・ハーディングの半生を描いた作品を紹介します。 主演は「スーサイド・スクワッド」でキュートな演技をみせたマーゴット・ロビー。トーニャの母親役を演じたアリソン・ジャネイはこの作品でアカデミー助演女優賞に輝いています。
SF(洋画)

「アメリカン・ヒーロー」あらすじとネタバレ 自堕落なヒーローの最後の戦い

メルヴィンは酒と女とドラッグに溺れて自堕落な生活をしていた。 離婚した妻との間に息子のレックスがいるが、裁判で親権を取られてしまう。 彼にはイラクで負傷し、その後車椅子生活しているルシールという友達がいつもそばにいた。 メルヴィンは手に触れずに物を動かせる能力を持っていた。その能力を有効活用すれば社会貢献できるのに、彼はその能力を大道芸に使い小銭を稼いだり、暇つぶしに使ったりしていた。
ドラマ(洋画)

「ナチスが最も恐れた男」あらすじ ノルウェーの英雄マックス・マヌスとは・・・

マックス・マヌスはナチス・ドイツ占領下のノルウェーでレジスタンスとして活動した英雄だそうです。 活動そのものは最初はビラを貼ったりでしたが、その後はドイツの船などに爆弾を仕掛けてナチスのノルウェーでの活動を弱めたりしました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました