diocuracci

映画

「日本暗殺秘録」実際に起きた事件の詳細 その3 「ギロチン社事件」、「血盟団事件」について

古田大次郎(高橋長英)という青年が、河原にて友人に「民衆に圧政を敷いている権力者に鉄槌を加えたい!」と話しているところから始まります。 そして友人に「爆弾を買いたいからお金を貸してくれないか?」とお願いするも、テロに反対する友人はもちろん貸してくれません。 「ああー、お金がほしいなー」とつぶやきながら去っていきます。
映画

「日本暗殺秘録」実際に起きた事件の詳細 その2 「大隈重信遭難事件」〜「安田善次郎暗殺事件」まで

福岡県出身の来島は、23歳のときに上京。アジア主義(日本と他のアジア諸邦の関係や、アジアの在り方についての思想ないし運動の総称)を抱く政治団体「玄洋社」に参加します。 「玄洋社」は日本で初めての右翼団体と呼ばれており、明治から敗戦までの間、政財界に多大な影響力を持っていたとされています。
映画

「アマゾネス対ドラゴン/世紀の激突」あらすじ 400年生き続けているという守り神とは・・・

今回はゆる~く笑いながら見れるB級アクション映画「アマゾネス対ドラゴン/世紀の激突」を紹介します。ドラゴンとありますが、カンフーの使い手が主人公のカンフー映画ではありません
スポンサーリンク
映画

「日本暗殺秘録」実際に起きた事件の詳細 その1 「桜田門外の変」と「紀尾井坂の変」について

日本国内で起きた暗殺・テロなどを主導者などの目線から表現し、見方によっては暗殺やテロを美化しかねないような、少し危険な作品です。ここで紹介された事件は、幕末の「桜田門外の変」から始まり、昭和に起こった「二・二六事件」までの9つとなります。
映画

主人公はマスタング?カーチェイス満載の「バニシングin60」あらすじ

保険会社の調査員をしているペイスは車専門の窃盗団のボス。廃車になった車を安く買い上げて車体番号シール、タイヤ、ナンバープレートなどを、全く同じ車を盗んでそれに付け替えるという手法でこれまで多くの車を売ってきていた。
映画

ロメロの大傑作「ゾンビ」あらすじとネタバレ 希望なき世界で戦う4人の運命は?

ゾンビ映画の第1人者、ジョージ・A・ロメロの代表作であり、ゾンビ映画の金字塔といわれる傑作ホラー「ゾンビ」のあらすじとネタバレを紹介していきます。
映画

「ダンケルク」 バットマンの監督が描く、大戦時に実際にあった最大の救出作戦

この作品は、第2次世界大戦の西部戦線で起こった戦闘をベースに描かれています。 フランス最北端の都市・ダンケルクの海岸まで追い詰められたイギリス軍とフランス軍。そこに集まった40万人もの軍人をドイツ軍の攻勢を防ぎながら、脱出させる”ダイナモ作戦”を描いています。
映画

「ボクの妻と結婚してください」あらすじ 最後に明かされる”やさしいウソ”

余命半年を宣告された放送作家。彼の最後の仕事は、自分の妻の再婚相手を探すことだった・・・ 実際にバラエティなどの放送作家である樋口卓治の小説を、織田裕二主演で映画化した感動作です。
映画

「海底超特急マリン・エクスプレス」あらすじ 手塚先生のキャラクターたちが敵味方に分かれて対決するミステリーロマン

私立探偵の伴俊作は、海底鉄道道路公団・理事長のスクルージ・シャイロックからある依頼を受けていた。シャイロックは武器密輸組織の秘密を握っていて狙われていた。
映画

「アルキメデスの大戦」あらすじ 戦艦大和が作られた真の目的とは・・・

1933年、後の連合艦隊司令官となる山本五十六少将(舘ひろし)は、巨大戦艦を作ってアメリカに圧倒しようという海軍本部の考え方に疑問を抱いていた。彼はこれからの戦いが航空機が主流となるだろうと予想し、戦艦よりも航空母艦を作るべきだという考え方を持っていた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました