「白頭山大噴火」あらすじ 世界最大級の火山がもたらす地震とは・・・

映画

今回は2021年に日本で公開された韓国映画「白頭山大噴火」を紹介します。韓国での公開は2019年でしたが、コロナによって2年越しでの公開でした。

主演は韓国はもとより世界的スターのイ・ビョンホン。一癖も二癖もある北朝鮮の一級書記官役を熱演しています。

「白頭山大噴火」作品紹介

監督:イ・ヘジュン / キム・ビョンソ

脚本:イ・ヘジュン / キム・ビョンソ / クァク・チョンドク / キム・テユン / イム・ジョンヒョン

制作:キム・ヨンファ / パク・チソン

出演者 :イ・ビョンホン / ハ・ジョンユ / マ・ドンソク / ペ・スジ / チョン・ヘジン 他

公開:2019年12月19日(韓国) / 2021年8月27日(日本)

スポンサーリンク

「白頭山」とは・・・

白頭山(ペクトゥサン)は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)両江道と中華人民共和国(中国)吉林省の国境地帯にある標高2,744mの火山です。

別名、長白山(ちょうはくさん)とも呼ばれています。

火山活動の歴史ですが、日本や中国の歴史記録書に白頭山の火山活動を示唆する記述があるようです。

日本紀略によれば、893年。
三国史記によれば、917年。

李氏朝鮮時代の「朝鮮王朝実録」には、1413年、1597年、1668年に火山活動があったと解釈出来る記述がありますが、実際に噴火したのは、1597年と1702年であるとする説もあるようです。
1597年10月6日から8日にかけての噴火では、噴火に伴い発生した地震の震動がソウルでも感じられたようです。

最も知られているのは946年に起こった噴火です。その際の噴火の総噴出量は西暦紀元後では232年タウポ、450年イロパンゴ、1257年サマラス、1452年クワエ 、1815年タンボラと並ぶ、世界最大規模の噴火であったと考えられています。

この時の火山灰は偏西風に乗って日本の東北地方にも降り注いだそうです。

 

「白頭山大噴火」あらすじ

 

北朝鮮とアメリカ合衆国が朝鮮半島非核化に合意した歴史的なある日、韓国軍の爆弾物処理班に在籍していたチョ・インチャン除隊の日でもあった。

妻のジヨンは妊娠中。定期検診で性別を初めて聞く。

帰りの車内でインチャンはジヨンに電話して、男か女か聞くも教えてくれない。

そんな時、TVで4.25文化会館の地域で大きな揺れが発生し、車の中にいたインチャンの地域も数秒後にその振動が伝わってくる。

それは白頭山の火山噴火によるマグニチュード7.8の地震だった。

朝鮮半島全域で火事が発生し、インチョンがいた場所では多くの高層ビルも倒れる大惨事となる。インチャンはなんとか逃げ出してジヨンが待つ自宅に帰る。

一方アメリカ国籍の地質学教カン・ボンネのもと民政首席チョン・ユギョンがやってくる。ユギョンは対策会議への参加を求めるも、ボンネは嫌がった。

ボンネは3年前から白頭山噴火による大地震発生を警告していたが、誰にも相手にされなかった。今更だと言っていたボンネだったが説得されて対策会議に出席することになる。

白頭山のマグマ溜まりは4つに分かれており、今回は1回目の爆発にすぎず、残りは3回。

最後の最も大きなマグマが噴出された際には朝鮮半島の約半分に被害が及ぶと試算。しかし半径5キロ以内に600キロトンの爆発を与えれば、マグマの圧力(墳出力)を約半分に抑えられるとボンネが発言。

近くの炭鉱(深さ3.5キロ)で核爆発を起こすしかないというボンネの意見に「中国の国境近くで核を爆発させると大問題になる」と異論が噴出する。しかもボンネ自身も成功率が3%ほどの行為だとして、静観したほうがいいかもしれないと思っていた。

しかし大統領は当選前の「支持率が2%だった」ことを引き合いに出して、なんとか成功率を上げるようにとボンネに命令。ユギョンは北朝鮮の核(ICBM)を盗んではどうかと提案し、大統領はそれを了承する。

軍はインチャンに、ジヨンのアメリカへの疎開を条件に復帰と北朝鮮への潜入と核の奪取を命じる。

ミサイルの在処は北朝鮮の保衛省・一級書記官リ・ジュンピョンが知っていた。しかし現在は北のスパイ行為で収容所に入っている。

彼に接触して核の在処を聞き出して核を盗む計画を立てる。

最後の噴火まで残り時間は75時間。

インチャンの部隊は北朝鮮から核を奪取し、白頭山の噴火を止められるのか・・・

スポンサーリンク

「白頭山大噴火」感想

「世界90カ国が激震」というフレコミですが、なにが90カ国なのか、それほど多くの国でヒットしたということなのか・・・おもしろかったのは確かですが、そこまで・・・という印象です。

あと、見ている最中に2003年に公開されたアメリカ映画「ザ・コア」という映画を思い出しました。

内容は地球の核(コア)の回転が停止し、地球の磁場が不安定になったことで、オーストラリアや日本での鳩の大群などの動物の異常行動を皮切りに、ボストンでのペースメーカー使用者32名の突然死や、スペースシャトル「エンデバー」の電子機器異常、さらにスーパーストームなどが発生し、地上は大混乱に陥るというパニック映画です。

その後の展開は、このままだと磁場が消失し、太陽風にさらされ1年後に地球は滅亡するということで、停止してしまったコアを包んでいる液状の外核部分まで潜行し、そこで核爆発を起こして、その衝撃でコアの再回転を促す・・・という内容でした。

この映画、自分としてはとてもお気に入りで、多くのCGなどを使った災害シーンは迫力あるし、チーム内での友情や恋愛なんかも描かれていて、今でもたまに見てしまいます。

この映画はインチャンとリ・ジュンピョン(イ・ビョンホン)との掛け合いがありながら、アメリカや中国との対立も描いています。実はパニック映画のようで、基本的にはアクション映画でもあります。

結局、サブのようでいいとこ取りのイ・ビョンホンがかっこいい!!

でも今まで見た映画「JSA」「甘い生活」「エターナル」同様に最後はまた・・・という感じでした。それが好きか嫌いかはそれぞれ違うでしょう。

 

パニック映画特有のハラハラドキドキ感は少ないので、それを期待していた私には少し物足りない感じがしました。それにクライマックスは「ザ・コア」と似ているので、比べてしまうと・・・

 

でも、最後はほのぼのハッピーエンドなので、気軽に見るにはGOODです。

 

タイトルとURLをコピーしました