惚れやすいキルスティン・ダンスト!?「スパイダーマン」あらすじとネタバレ

映画

マーベルコミックでおなじみのスパイダーマン。その誕生のルーツを描いた作品です。

主人公のピーターはどうやってスパイダーマンになったのか?ピーターの恋や苦悩も描かれています。

「スパイダーマン」作品情報

監督:サム・ライミ

脚本:デヴィッド・コープ

原作:スタン・リー / スティーブ・ディッコ 

制作:イアン・ブライス / ローラ・ジスキン

出演:トビー・マグワイア / ウィレム・デフォー / キルスティン・ダンスト

公開:2002年5月3日(アメリカ) / 2002年5月11日(日本)

スポンサーリンク

「スパイダーマン」あらすじとネタバレ

 

見た目が冴えなく、よくいじめられる高校生のピーターは幼い時に両親をなくし、今は叔父と叔母のもとで暮らしていた。

社会見学に行ったコロンビア大学の研究所で、実験開発中の新種の蜘蛛に刺されてしまう。家に帰ったピーターは気分が悪くなり、夕食も食べずに部屋に行き、そのまま倒れ込むように寝てしまう。

ピーターの親友ハリーの父親ノーマンは「オズコープ社」の社長であり、そこでは人間の潜在能力を増強させる研究をしていた。

その研究成果の報告を軍の上層部や役員に説明する。マウスでの実験は順調だと自信満々に答えるノーマンに反して、一緒に研究していたストロム博士は人体実験をするのは危険であり、まだ時期ではないことを役員たちに伝える。

軍上層部は結果を出さない限り資金援助はしないとノーマンに言う。その夜ノーマンはストロム博士を強引に協力させ、自ら人体実験をする。彼は凶暴で強靭な人間になり、そこにいたストロム博士を殺害する。

翌日、ノーマンは自宅の床に寝ているところをハリーに起こされる。昨夜のことを何も覚えてないノーマンのもとに社員が訪問し、ストロム博士が死んだこと、そして開発中のスーツとグライダーが盗まれたことを伝える。

体の変化

一方、目が覚めたピーターは体が筋肉質になり、視力も眼鏡なしでもいいくらいに回復していた。学校の食堂で食事していたピーターの横を彼の片思いの相手MJが通りかかる。

その時MJ が足を滑らせて、食器共々転んでしまいところを、ものすごいスピードで助ける。なぜこんなことができるのかわからないピーターがたまたま前にあるトレイに手を向けると、糸のようなものが出てきて、そのとれいにくっついてしまう。なかなか取れない糸を強引に引っ張るとそのトレイが目の前に飛んでくる。それを避けてしまったせいでピーターに後ろにいたMJの彼氏フラッシュに当ってしまう。

フラッシュに殴られそうになるが、そのパンチがまるでスローモーションのようにゆっくり見えて、簡単に避けることができた。そして軽くフラッシュを弾いただけで数十メートル先まで吹き飛ばしてしまう。

学校を飛び出し、街の路地の壁に手を付けると、手が壁にくっつく感覚があった。そしてそのまま壁を登って屋上まで行けてしまう。

走ればビルからビルへと軽々と飛び越えてしまう。ピーターは自分に特殊能力が備わったことを確信する。

MJがフラッシュの新車を見て喜んでいるところを見たピーターは車が欲しくなる。

あるチラシで、チャンピオンと戦って3分間立っていられたら3000ドルを獲得できるという素人プロレスの情報を得、その大会に出ることにする。

家の手伝いやペンキ塗りなどの仕事をすっぽかし、日々コスチューム作りや糸を自在に使えるように練習するピーターを見ていた叔父さんは、ピーターがプロレスに出かける日に車で送ると言ってくる。車の中で叔父に説教され、反抗したピーターはそこでケンカ別れしてしまう。

後悔

プロレス大会において、3扮待たずにチャンピオンを倒し優勝したピーター。しかしオーナーは3扮持たなかった(早く倒してしまった)から3000ドルは払えないと言って100ドルを渡す。ピーターが諦めて帰ろうとした時、入れ替わりに強盗が入り、オーナーは捕まえてくれとピーターに頼む。しかし100ドルしかくれなかったオーナーの言うことを聞かずに、強盗をそのまま逃がしてしまう。

会場を出て叔父との待ち合わせの場所に行くと、叔父が何者かに刺されて虫の息だった。ピーターが話しかけると叔父は少し笑ってそのまま亡くなってしまう。

警察が犯人を追跡中だと知り、急いでコスチュームに着替えて犯人を追った。廃ビルの中でようやく捕まえてみると、それはピーターがわざと逃がした強盗だった。自分が見逃したために叔父が死んだのだと激しく後悔したピーターは、その強盗をビルから突き落とす。

ピーターは悪人を根こそぎ倒そうと決意し、度々町に現れては悪人たちを退治していった。そんな彼を住民たちはスパイダーマンを呼び始めていた。

グリーンゴブリン出現

ノーマンは資金提供をストップされ、イライラが募っていた。そんな時、他社での実験城にいた軍関係者たちの前に、ノーマンが変身したグリーンゴブリンが現れ、実験場もろとも爆弾で爆破する。

オズコープ社主催のフェスティバルにも現れ、ハリーと一緒にいたMJが爆発によって建物が崩壊し孤立してしまう。ピーターはスパイダーマンに変身してMJを救う。

その後グリーンゴブリンに捕まったスパイダーマンは、一緒に悪事を働こうと誘われれるが、拒否する。

ある日MJが男たちに襲われているところを助ける。その際にMJはお礼だと言ってスパイダーマンの口の部分だけマスクをはぎ、キスをする。

スパイダーマンの正体

その後またしてもグリーンゴブリンと戦うことになったが、その際に手を負傷したスパイダーマン。

グリーンゴブリンを何とか退けた後、ノーマンが偶然ピーターがケガをしているのを知り、スパイダーマンはピーターだと気づく。

叔母にけがを負わせ、MJまでも誘拐したグリーンゴブリン。MJを救い出したスパイダーマンはグリーンゴブリンと最後の死闘を繰り広げる。スパイダーマンとの死闘に負け、瀕死のグリーンゴブリンは自分がノーマンであることを告白し、息子のハリーには言わないでくれとスパイダーマンに頼み、死んでいく。

 

ノーマンの亡骸を家のベットに寝かそうとしているところをハリーに見られてしまう。そしてハリーはスパイダーマンを憎むようになる。

ずっと自分に優しくしてくれたピーターに好きだと告白するMJ。そして2人はキスをする。

しかしピーターは自分がスパイダーマンである以上、MJに迷惑がかかることを察知し、「ずっと友達でいる」としか答えなかった。去っていくピーターを見ながら、ピーターとのキスの感触を思い出し、スパイダーマンとしたキスと一緒だとなんとなく気づくMJ。

そして今日もスパイダーマンは悪人たちを倒していく。

 

スポンサーリンク

「スパイダーマン」感想

今回は書く内容が盛りだくさんなので少し簡単にレビュー書きました。

なぜピーターがMJの告白を断ったのか?ちょっと読んだだけではわかりずらいと思います。

そもそもMJはハリーともいい仲になっていましたが結局ケンカ別れしています。今作ではあまり重要ではないかと思い、あらすじ内では書きませんでしたが。

MJって結構尻軽・・・というか惚れやすいのかな?

 

グリーンゴブリンとの闘いもありますが、ピーターが苦悩するシーンなども多くあります。

ピーターは叔父が死んだことで後悔し、正義の為に働きますが、周りは賛否両論。新聞社は面白おかしく書きたて、それを見てピーターはスパイダーマンである意義に疑問を持ちます。そしてグリーンゴブリンに一緒にやろうと言われるわけです。「助けたって感謝されないのになぜやるんだ?」といわれるわけです。

それでも最終決戦の時には市民たちが少し協力してくれます。でも叔母がケガをしたのも、MJが誘拐されたのも、スパイダーマンの正体を知られたからです。だからMJの告白を断ったのです。

しかしこの作品には続編があり、恋愛要素が強くなっていきます。

ピーターとMJの恋模様はどうなるのか?ハリーのスパイダーマンに対する憎しみはどうなるのか?この続き「スパイダーマン2」は、次回紹介します。

タイトルとURLをコピーしました