2021-01

ドラマ

「予告犯 THE PAIN」最終話 あらすじ 

沖菜の兄、荻原孝一に死刑判決を下した裁判官が佐久間だった。  佐久間は日本の裁判所が裁判官と検察・警察との利害関係のもとに成り立っていることを嫌味っぽく話し「今後、どの裁判官も証拠の検討を放棄し、検察や警察が描いたシナリオ通りに判決がくだされる世の中になるだろう」と警告する。 そして佐久間は「18年前の殺人事件の裏で行われた卑劣な冤罪の経緯と実態を告発する」と宣言する。
ドラマ

「予告犯 THE PAIN」第4話 あらすじ 

前回のラスト、刑務官の田淵と一手ずつ将棋をさすのが楽しみな囚人、荻原に面会に来た沖菜。 佐久間が病院に会いにいった男は一体誰なのか・・・ いままでの公開裁判がある事件と関係があることは判明します・・・
ドラマ

「予告犯 THE PAIN」第3話 あらすじ 

佐久間が裁判官、田淵が刑務所の刑務官であることがわかった前回。 そして水谷は刑事2人に職務質問を受けます。 さあ今回はどんな事件の裁判を公開するのか・・・吉野役の戸田恵梨香さんがついに登場し、物語は佳境に入ってまいります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました