「無限の住人」あらすじ 死にたくても死ねない男の戦いと苦悩

映画

妹と瓜二つの少女の願いを叶えるため、不死身の男は何度も死にかけながら、終わらない戦いを続けていく。主役級の俳優たちが大挙して出演している、痛快エンターテイメント時代劇です。

「無限の住人」作品紹介

監督:三池崇史

脚本:大石哲也

原作:沙村広明

制作:坂美佐子 / 前田茂司 / ジェレミー・トーマス

製作総指揮:小岩井宏悦

出演:木村拓哉 / 杉咲花 / 福士蒼汰 / 市原隼人 / 戸田恵梨香 / 北村一輝 / 栗山千明 / 満島真之介 / 金子賢 / 山本陽子 / 市川海老蔵 / 田中泯 / 山崎努 他

公開:2017年4月29日

映画『無限の住人』本予告【HD】2017年4月29日公開
第70回カンヌ国際映画祭特別招待作品!主演:木村拓哉×監督:三池崇史世界に放つ、爽快‟ぶった斬り”アクションエンタテイメント!無限に生きる用心棒。その命、誰のために使う――? 50年前、望んでもいないのに、不死身の身体にさせられた伝説の人斬り・万次(まんじ)。ある日、永遠の時を生き続けるしかなかった孤独な男の元に...

スポンサーリンク

「無限の住人」あらすじ(ネタバレ有り)

 

万次は、妹の町と追手から逃げる日々を送っていた。万次は主であった旗本(至福を肥やしていた)を殺し、その場にいた同心をすべて斬り殺し、賞金がかけられていた。

その同心の一人が町の夫であり、夫が兄である万次に殺された場面を見てしまった妹の町は気が触れてしまう。

 

まるで幼い子のようにはしゃぐ町を眺めていた万次に話しかける一人の老婆がいた。「自分は800年生きている」と言うその老婆(八百比丘尼)と話している間に司戸菱安 の一味に捕まる町。

町は殺され、怒り狂った万次は司戸菱安以下30人ほどの部下たちを皆殺しにする。しかし万次も瀕死の状態になる。

そこに八百比丘尼が現れ、万次の体内に血仙蟲と呼ばれる虫を体に移植させる。

それにより、万次は死ぬことのない不死身の体となる。

 

瓜二つの少女

50年後、浅野凜は父である無天一流の師範代である浅野虎巌と母、浅野時 と3人でしあわせに暮らしていた。

そこに逸刀流を名乗る天津影久、凶戴斗 、黒衣鯖人 らが現れる。最強の流派を目指す天津影久は浅野虎巌と1対1の勝負をして勝利。浅野虎巌は殺され、浅野時 はその場で辱められそのまま連れ去られてしまう。

 

父の墓前で出会った八百比丘尼に教えられ、万次を見つけ出す凛。

 

万次は町とそっくりな凛を見て一瞬驚く。父の仇を討ちたいとの純粋な思いを知った万次は凛に協力することになる。

凛と万次は黒衣鯖人に出会う。彼は凛の母親を殺したと告白し、一房の髪と肩に乗せた母親の顔の剥製を見せる。

 

万次は黒衣鯖人に斬られながらもトドメをさす。そして母親を失い、泣いている凛に背中を貸す。

 

 

その後、凶戴斗と戦い勝利した万次。なんとか生き残った凶戴斗は、万次が不死であることを天津影久に伝える。

 

不死身の僧侶

天津影久を探すため、有名な道場を巡っていた万次と凛。ある茶屋で閑馬永空という僧侶に出会う。「自分も逸刀流の人間だが一緒に天津影久を殺そう」と言う閑馬永空の頼みを断る万次。

襲いかかる閑馬永空と斬り合い、最終的に持っていた刀で背中を一突きにする。それでも起き上がる閑馬永空。彼も万次と同じように血仙蟲によって長年生きながらえてきた者だった。

 

閑馬永空は血仙蟲の効力を無くす毒薬「血仙殺」を持っており、それを刀に塗っていたため、万次の傷はなかなか治らなかった。

 

再び対戦した万次は閑馬永空の刀を奪い取り、閑馬永空の体を斬りまくる。避けられることもできた閑馬永空はなぜかすべての太刀を受け、「生きるのに疲れた」と言って息を引き取る。

 

天津影久の災難

その頃、逸刀流の仲間たちが次々とやられていく。(万次は関わっていない)

危機感を感じた天津影久は遊女である乙橘槇絵を万次たちに差し向ける。

乙橘槇絵は万次の片腕を斬り落とし、トドメを刺すところまで追い詰めるも、万次を守ろうとする凛の姿を見て思いとどまる。

 

逸刀流の人間を殺しているのは無骸流の尸良、百琳、偽一の3人だった。

 

彼らは万次の敵ではなかったが、金のためだけに人を殺す尸良のやり方が気に入らず、万次は尸良の片手を斬り落とす

 

凛は死にたがっているように見える万次に危険なことをさせないために、一人で仇を討とうとする。そして天津影久と鉢合わせる。しかし天津影久は凛の相手をしている余裕はなかった。

幕府側の吐鉤群と手を組もうとしていた天津影久は逆に裏切られ、その追手たち約300人に囲まれてしまう。

 

決戦

駆けつけた万次は天津影久との対決を後回しにし、吐鉤群が率いる幕府の人間たちを次々と斬りまくる。

 

天津影久もそれに呼応して斬りまくっていく。劣勢に思われた戦いは乙橘槇絵が加わったことで徐々に幕府の人間たちは減っていく。

 

そんな時、片腕を落とされた恨みをもつ尸良によって凛がさらわれる。

 

 

凛を助け出し、尸良を崖に突き落とす万次。

 

乙橘槇絵は戦いの最中に天津影久をかばって命を落とす。天津影久は吐鉤群を見事打ち倒し、万次と1対1の戦いをすることになる。

 

万次によって深手を負い戦意喪失した天津影久にトドメをさそうとする凛。しかし彼女にはなかなか斬れなかった。

天津影久はそのまま立ち去ろうとしたが、やはり我慢できない凛は彼を斬ろうとする。返り討ちにあわそうとした刃は凛をかばった万次が受け止める。

凛は天津影久にトドメをさす。しかし万次は倒れ込み、目を覚まさない・・・

 

 

 

泣き叫ぶ凛に向かって万次が話しかけ、彼の目が開く。

 

スポンサーリンク

「無限の住人」感想

漫画を読んでいない私はとても楽しめましたが、漫画を知っている方には不評だったようです。

それでも斬りまくる木村拓哉は最高にかっこよかったです!

 

上映時間が141分と少し長めですが、あっという間に終わってしまいました。

やっぱり三池監督はなんだかんだで面白く作るな!と感じるエンターテイメント時代劇に仕上がっていました。

 

タイトルとURLをコピーしました