「アイ・アム・ア・ヒーロー はじまりの日」前編 あらすじ

ドラマ

大泉洋さん主演の「アイ・アム・ア・ヒーロー」の前日譚を描いたdtv独占ドラマです。

映画版に出てくる小田つぐみ(愛称・ヤブ)演じる長澤まさみさんが主演をつとめました。

 

スポンサーリンク

「アイ・アム・ア・ヒーロー はじまりの日」前編 あらすじ

 

冒頭で流れる字幕は次の通り

 

これからご覧頂く動画は全て、パンデミックが発生した日に撮影されたものである。

スマートフォンや防犯カメラ、テレビの取材カメラなどがZQNウイルスが蔓延する過程をとらえた記録。

多分に刺激的な内容であるが、貴重な映像であると考え、ここに公開する。

 

そしてカップルが乗っている車のドライブレコーダーの映像が流される・・・

 

増殖

午前0時3分、車に乗っていたカップルが、停まっている軽トラックの横で争っている男2人を見かける。

一度は通り過ぎたものの、心配になった彼氏が車を方向転換し、軽トラックの近くまでいくと、そこには誰もいなかった・・・

しばらくしてカップルの乗った車のボンネットに男が上から落ちてくる。突然の事にビックリする2人・・・

そしてその男は動き出す、しかしその顔は明らかに死人の顔だった・・・叫び声を上げる2人・・・

 

 

カメラは切り替わり、某高層マンションのいエレベーター内の防犯カメラ映像。時間は0時42分。

1人の女性がエレベーターに乗り込む。ドアが閉まりかけたところに1人のサラリーマンが駆け込んでくる。女性はサラリーマンに降りる階を聞き、エレベーターのドアが閉まる。

しばらくすると女性は少し咳をして、気分が悪くなる。苦しそうな女性を見て「大丈夫ですか?」と尋ね、「大丈夫です」といいながら、その女性は苦しそうに座り込んでしまう。

背中をさすっていたサラリーマンに「ほしい・・・」と言いながら強引にキスをしてくる女性。サラリーマンは一度は離したが、さらにキスしてくる女性に身を任せ、2人は熱いキスをする。

そしてキスが終わると、女性はさらにサラリーマンの首を噛む。血を出しながら叫ぶサラリーマン・・・

 

 

 

またカメラが切り替わり、午前0時43分。

場所は東林中央病院。TVディレクター笹井(塩見大貴)が撮影する夜勤の看護婦が働いているドキュメンタリー映像が流される。

 

午前0時46分、救急車で1人の男性が運ばれてくる。その男の乗ったバイクが車との接触事故を起こしたのだ。初めは全く動かなかった男は処置室に入る頃になると、突然笑いだし、そのまま処置室の中に・・・

 

午前0時50分、ナースステーションにいた小田つぐみ(長澤まさみ)が仕事しながらインタビューを受けていた。

その時、医師の黒川(浅香航大)が、前日に手術した患者のカルテを出してくれと小田に伝える。

 

午前1時17分、小田はナースコールを受けて、はじめという少年の病室へ向かう。はじめは小田のことを「ヤブ」と呼んでいた。(小田が注射を打つのが苦手だから、そう呼ばれていた)

はじめは「寝られないから遊んでよ」と小田にせがんでいた。

 

同じ頃、救急車で運ばれた男は手術台に乗せられていた。その男はゆっくりと起き上がるが、それに気づかない5人の看護婦たち・・・

そして次の映像で、看護婦は全員血を流して倒れていた。男の姿はない・・・

 

 

午前1時53分、小田の携帯に救急で運ばれてきた患者が消えたとの連絡が入る。

その直後、物音に気づく小田と黒川。血だらけで生気のない、救急患者の男がフラフラとやってくる。その男はナースステーションのガラス窓を手で叩き破り、小田のもとへ迫ってくる。

 

恐怖で床に座り込んで叫ぶ小田・・・

 

感染

小田が襲われそうになった瞬間、数人の医師が飛び込んできてその男を押さえて連れ出す。「何があったんですか?」と聞く黒川に医局長の三村(霧島れいか)は「あなた非番でしょ?大したことじゃないから早く帰りなさい」と言い、笹井にも撮影をやめるように伝える。

 

午前2時48分、ファミリーレストラン厨房にて、揚げ物をしていたシェフが発作のようなものを起こして、熱い油の中に顔をつける・・・・

 

午前2時50分、笹井は三村の指示に反して撮影を続けることにする。黒川から、ここ数日、心肺停止の患者がいきなり動き出したり、常人以上の力を持っている患者がいたりと、変わった事例が多いことを聞く。

 

午前2時55分、ファミリーレストランにて、料理が遅いので様子を見に来たホールスタッフが油に顔を浸けているシェフを発見。シェフは顔を油から出し、ホールスタッフに襲いかかる。

 

午前3時37分、フロリダと板橋の間でインターネット電話している女友達2人。フロリダの女性はカフェでジュースを飲んでいた。板橋の女性はポテトチップスやチョコレート、コーラなどを口にし、食べてばっかり。そして食べるものがなくなると「もっと食べたい・・・」と言って自分の腕を食べ始める。

「何してるの?やめてよ」と泣きながら言うフロリダの女性。板橋の女性は口にべっとりと血をつけてニヤリと笑い、電話が切れる。

 

病院では小田がはじめにナースコールを呼ばれ病室に。黒川は三村に何が起こっているのか問いただすも、彼女は口を開こうとしない。さらに無礼だと怒る取り巻きの医師たち。

「医局長に謝りなさい。謝れ・・・死ね!死ね!!」と言い出しておかしくなる1人の医師。

 

そしてその医師は近くにいたナースの首に噛み付く。

そこに出てきた小田とはじめ。はじめをかばう小田を襲おうとする医師・・・

 

スポンサーリンク

第2話までの感想

ここまでは第1話と第2話のあらすじでした。まだ何が起きているのか詳細は不明のままです。ゾンビと違うのは、噛まれてから死ぬことはなく、そのままZQNになることでしょうか。なぜこうなったのかは映画版で明らかになる?かもしれません。

次回は第3話から最終話までのあらすじを紹介します。

 

 

タイトルとURLをコピーしました