「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」あらすじ 「月が綺麗ですね」の意味を知っていますか?

映画

この作品は2010年7月17日にYahoo! JAPANの質問・相談コーナーであるYahoo!知恵袋にkkajunskyという利用者が投稿した質問、ブログ日記。およびそれを題材にした映画作品になっています。

榮倉奈々さんの可愛さ爆発です。

 

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」作品紹介

監督:李闘士男

脚本:坪田文

原作: K.Kajunsky / ichida「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

製作:宮前泰志(企画・プロデュース)

出演者:榮倉奈々 / 安田顕 / 大谷亮平 / 野々すみ花 / 浅野和之 / 品川徹 / 螢雪次朗

音楽:安達練

主題歌:チャットモンチー「I Laugh You」

公開:2018年6月8日(日本) / 2018年9月12日(香港)

 

スポンサーリンク

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」あらすじ(ネタバレ無し)

 

サラリーマンの加賀美じゅん(安田顕)には二度目の結婚をした妻の加賀美ちえ(榮倉奈々)がいた。

もうすぐ3回目の結婚記念日を迎えるある日、じゅんが仕事から帰ってきて自宅のインターホンを鳴らすも、妻の応答がない。

仕方なく自分で鍵を開けると、リビングには口から血を流して倒れている妻の姿が・・・

慌てたじゅんは「ちえ!ちえー!!」と問いかけるも返事はない。

救急車を呼ぼうとスマホを触っていた時、倒れていたちえが起き上がり、じゅんを後ろから驚かす。

ちえは死んだふりをしていた。血はケチャップだった。

 

その後、普通に夕食になるも、じゅんは何故ちえがこんなことをするのか判らなくて、戸惑いながらも冷静を装う。

対する妻は「驚いた?」となにやら楽しそうだった。

 

 

次に日の朝、じゅんが仕事に行こうとすると、ちえがキスをせがんでくる。「はずかしいから・・・」というじゅんに「これが今生の別れになるかもしれないでしょ」といって抱きつくちえ。

その日の夜、またしてもインターホンの応答がない。じゅんがゆっくりドアを開けると、今度はぬいぐるみのワニに頭を食べられて死んだふりをしているちえを発見する。

 

その後も毎日のように。ちえが死んだふりを繰り返した。

そんなちえを見ているうちに、じゅんはちえが何か不満をもっているのではないかと感じ始める。

そのことを会社の後輩、佐野壮馬(大谷亮平)に話すと、「かまってほしいだけなんじゃないですか?」と言われてしまう。

その夜からじゅんは死んだ時のシチュエーションに合わせて三文芝居をやりはじめ、ちえもそれを面白そうに合わせることになる。

ちえはいつの間にか台本まで作るようになる。

 

 

そんなちえは「人生何が起こるかわからない、備えあれば憂い無し」とじゅんに言うのが口癖のようになっていた。

 

彼女が死んだふりをすることに飽きてきたじゅんはちえにそのことを言う。

その次の日からは死んだふりではなく、幽霊やウルトラマンの格好になり、それはそれでじゅんの心は乱されていく。

 

じゅんは「何か不満があるなら言ってよ」と聞く。でもちえは「何も不満なんかない」と言う、

 

じゅんは「僕はちえを愛しているよ。ちえは僕のこと、どう思ってるの?」と尋ねると、ちえは窓の外を見上げて「月がきれいですねー」とだけ言う。


 

スポンサーリンク

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」感想

もともとは「Yahoo知恵袋」の投稿から始まったことは知っていましたが、それ以上の予備知識を入れなかったため、自分の中で思い描いていたストーリーとは違っていて、でもそれが逆にほのぼのしておもしろかったです。

独身の私から見ると、少し難解でした。

正確にいうと、わかっているつもりでも、夫婦になってみないとわからない部分が絶対あるはずです。

結婚もしたことない半端者には理解できてない所があるんだと思います。

だからもし、結婚して、しばらく経ったら再度見てみたいと思います。(できるかな?)

多分、全然違った感覚なんでしょうね。

 

タイトルとジャケットの馬鹿馬鹿しさで借りましたが、 面白い人と頭のいい人が作ったに違いない映画です。 涙面白い映画でした。 既婚者は特にオススメです。

 

 映画を見た人たちの感想はさまざまなようで、

 

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしてるのは あの頃の二人に戻りたいからか 僕には分からない」

 

 「結婚前は忙しくても彼女に会うだけで楽しかった 徹夜で車当てもなく飛ばして海見に行ったりしたのに 結婚直後初めて部下を持ち仕事がとても楽しくなった 家で一人で待つ妻の気持ちを考えていなかった」

 

 「火曜日に別れ話をする予定の人と家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますを観て1人ですごい気まづくなってる」

 

 

それぞれ、見た時の状況で思うことが千差万別のようです。

 

ちなみにちえがじゅんに言う言葉「月が綺麗ですね」は夏目漱石に関係しています。ネタバレは書きませんが、これがヒントです。

 

結婚して3年位の、なんとなく慣れてしまった日常に危機感を抱いている夫婦に見てほしい作品です。

 

タイトルとURLをコピーしました